ただ惨めで虚しくて、寂しくて、悲しかった

Informacje :)

ただ惨めで虚しくて、寂しくて、悲しかった

Postprzez qgbyllmxd » Pt sie 22, 2014 03:46

その貴人はリーエを指している。解りきったことだ。私は、リーエのための練習台にされたのだから。「りっちゃんにどれだけ嫌な思いをさせたか――すまなかった」コルボ 店舗
私はリエで、真刀は真刀で、リーエはリーエだ。ここに豪六さんの謝罪が入り込んだところで、良いふうにも悪いふうにも変化はない。なにも、ない。バリーメンズ財布
「……なにしてるんですか」ゆっくりと顔を向けると、豪六さんの頭が縁側の床に張り付いているのが見えた。土下座だ。豪六さんが土下座している。コルボ 店舗
「……豪六さんが私を利用したかどうかは、いいんだ。そんなことは、どうだっていいんだよ。……真刀は、真刀の意思で、リーエを好きになった。リーエに全てを捧げた。それは豪六さんが真刀を王家の護衛として指導した、正しい姿でしょう」dakota バッグ
朝のまだ若い陽光に照らされて、豪六さんのぴかぴかの後頭部が眩しい。「すまなかった」なにが、とは問うまい。この人が私に謝罪する理由は、ひとつしかない。parker ボールペン
あの頃と同じことを言って、誤魔化そうと思ったわけじゃない。ただ、豪六さんから謝罪を受けたところで、なにが変わるわけじゃないのだ。株式会社 コルボ
護衛兼愛人というのは、やはり一般庶民の私の感覚では理解できないが。真刀がリーエを愛し、その存在を守るために剣となることを誓ったことは、豪六さんが謝罪しようが変わらない事実だ。「……真刀は、立派になったよね」私なんかが上から目線で馬鹿みたいなことを言ったが、豪六さんはやっと笑ってくれたようだった。頭を下げたままの体勢から顔を上げて、ふ、と穏やかな笑みが浮かんでいる。「……りっちゃんは、変わらないな」それは成長していないということだろうか。思ったが、そう言った豪六さんの笑みが妙に嬉しそうで、悲しそうで、これで話は終わりと、私は卵ご飯をずずずとかきこんだ。目の前に臨む美しく整えられた日本庭園は、あの頃――真刀と共に過ごしていた頃を思い出させる。それは優しく楽しい記憶だったが、その裏にリーエ妃の存在がちらつくと、途端に影を落とすのだ。http://www.parker.8008303300.com嫌な思い。そんな思いなんかしなかった。ただ惨めで虚しくて、寂しくて、悲しかった。「……真刀は、立派な護衛になったね」腕時計 レディース私は、なにを言っていいのかもわからぬまま、ぼんやりとそう答えていた。「それは、豪六さんの教育の賜物でしょう」dakota 財布
「……わしは、りっちゃんの想いを知っていて利用した。真刀が貴人の護衛になれるよう、訓練のために、りっちゃんを真刀に宛がった」parker 万年筆
関連記事:


http://socialbreakthrough.com/content/number-1-game#comment-188899

http://www.3do.ca/node/12#comment-67095

http://chunwan.ueuo.com/space.php?uid=31636&do=blog&id=331334
qgbyllmxd
 
Posty: 3
Dołączył(a): Wt sie 12, 2014 09:31

Postprzez » Pt sie 22, 2014 03:46

 

Powrót do Sezon 5

Kto przegląda forum

Użytkownicy przeglądający ten dział: Brak zidentyfikowanych użytkowników i 1 gość