140863147073191

Informacje :)

140863147073191

Postprzez dptdujjd » Cz sie 21, 2014 14:41

紗英はスポーツバッグのベルトに体を通して背負うと
勝ち誇ったように俺を見た。
惚れた弱みか…
本当…紗英には敵わない…
「体調悪いんだから、無理しなくていいの。」
「あー…はい。」
俺はトートバッグだけ抱えていて、何だか変な感じだ,chanel バッグ
いつもの鞄がないだけで背中がスースーする。
紗英は自分の鞄も自分の体の前に抱えており、
これ…傍から見たらどう思われるんだろうか…?
女の子に大荷物持たせてる俺って…
「…紗英。やっぱり鞄持ちたいんだけど…」
「えー!?ダメだよ。」
だよな…絶対そう言われると思った。
こういうところは頑固なので、諦めることにした。
駅までの帰り道、
俺は黙って紗英の隣を歩いていたのだが
紗英が何か思い出したように声をかけてきた,バーバリー 腕時計
「翔君。お昼に私が言った事覚えてる,ダコタ財布?」
気を失ったときの話か…と思い出そうとして
何の話をしていたか記憶が途切れ途切れの事に気づいた,アルマーニ
竜聖と会った、話せるようになったってのは聞いた。
そのあとの記憶が…断片的だ。
「…竜聖のこと…だよな?」
「うん!そう,miumiu 長財布 matelasse 5m0506!翔君には話しときたかったんだ。
翔君も…吉田君と友達…だよね,シャネルネックレス?」
紗英は遠慮がちに訊いた。
『友達』という単語がひっかかる。
俺と竜聖は…友達だったって方が正しい気がする。
中二のあのとき以降、あまり会話しなくなった。
変なライバル心で俺が竜聖を避けたからだ。
あいつは懲りずに話しかけてきていたが、
俺はあいつと仲良くする気なんかない。
「友達だったかな,アルマーニ 時計 メンズ?」
「だった…って…どういう事?」
「俺があいつを一方的にライバルだって思ってるから,アルマーニ
友達にはなれないかな。」
「……ライバル…。」
紗英は少し寂しそうな顔をしている。
「ライバルだと…友達にはなれないの?」
紗英の問いに答えられない。
ライバルと友達の境界線ってどこだ?
ライバルで友達って奴もいるよな…
いざ聞かれると困る質問だ。
「う~ん…どうなんだろう…」
「じゃあ、翔君は吉田君のこと好き?」
好き!?
そんなこと考えたことない,バッグダコタ
男同士で好きなんて気持ち悪くないだろうか…
俺はここでふと気になった事を紗英に切り出した,エンポリオアルマーニ 時計
「逆に紗英は?その…中学のときはあいつの事………
………好きだったわけだろ…?その今は…。」
好きという言葉を言うのに時間がかかり過ぎた。
聞きにくさが態度に出てしまったかもしれない。
俺は紗英の表情の変化を見逃さないように、
じっと紗英の顔を見つめる。
関連記事:


140863147357537

140863146296093

140863147465735
dptdujjd
 
Posty: 4
Dołączył(a): Cz sie 21, 2014 08:03

Postprzez » Cz sie 21, 2014 14:41

 

Powrót do Sezon 5

Kto przegląda forum

Użytkownicy przeglądający ten dział: Brak zidentyfikowanych użytkowników i 2 gości

cron