140834245743324

Informacje :)

140834245743324

Postprzez ubdgpfagr » Wt sie 19, 2014 02:04

「寝言で、知らない男の名前でも囁かれたのかい?」
 雫の方はまったく遠慮がない。思ったことをそのまま口にしたのだろうが、それを聞いた男の目から、涙がこぼれそうになった。
「何故、わかったのだ,ハミルトン 腕時計 メンズ!」
 雫は苦笑している。一番可能性がありそうなことを言っただけなのだが、当たっていたらしい。
「適当に言ったんだけど、ねえ」
 誰にともなくそう言って、雫は酒を呷った。からかうつもりだったからこそ、ありがちな喧嘩の原因をあげてみただけなのだ,プラダ バッグ。それが当たっていたことに対して、少しだけ悪い気がしたのは、男が、振られて落ち込むことはあっても、ここまで打ちのめされるのは珍しいからかもしれない,腕時計 レディース
「あんたの名前を言い間違えてってわけじゃないのかい? あるいは、身内の名前を言ったとか」
 それなりに長いつきあいだから、雫とて彼が悲しむのを喜んでいるわけではない。一応、可能性をあげてみる。
「彼女の身内にはそんな名前はいないし、私と似た名前でもなかった。スヴァトスラフなど、うっかり言い間違えるような名前じゃないだろう」
「まるほど,バリーゆるキャラ。この国の名前じゃないね」
 言いにくそうにその名前を雫は繰り返すが、発音がどこかおかしい,parker 万年筆
 この国の言葉を扱う人間にとっては、難しい響きなのだ。雫はもちろん、多紀もうまく言えないだろう,ニクソン 時計。だが、何故かその名前を聞いた多紀は、首を傾げて、何度も名前を口にしている。
 その様子に、男も雫も変な顔をして彼女を見つめた。
「ああ、思い出しました!」
 多紀が大きな声をあげたので、それに驚いた魔物が、持っていた器を落としそうになる。
「な、なんだ、多紀。驚かせるな」
「思い出したんですよ,腕時計 レディース。その名前、最近どこかで聞いたなって考えていたんですけれど」
「有名な名前なのか?」
 男は興味を示したようだ。
「有名、と言っていいのかどうかわかりませんが、今、女性の間で流行っている物語の主人公の恋人が、そんな名前だったんですよ」
「物語,アルマーニ 腕時計?」
 いぶかしげな男に、多紀は立ち上がり、店内に作り付けられた棚に近づくと、奥から一冊の本を取り出した。
「柚那から借りたんですけれど、王都で大人気の恋愛小説です。主人公は、辺境の村に住む娘で、偶然助けた人が異国の騎士で、二人は恋に落ちるんですが、実は彼には魔王を倒さなければならないという使命があって……」
 ところが、魔王は先代から地位を引き継いだものの、人間を殺すことが嫌で、よく城を抜け出して、人間の村に遊びに来ていた。そこで少女と騎士に出会い、親しくなるが、やがてお互いの正体を知ってしまう。
関連記事:


http://home.ichuangxing.com/forum.php?mod=viewthread&tid=57021

http://mannlist.com/viewtopic.php?f=3&t=24637

http://www.shuzifun.com/blog/?uid-4344-action-viewspace-itemid-830
ubdgpfagr
 
Posty: 5
Dołączył(a): Pn sie 18, 2014 10:11

Postprzez » Wt sie 19, 2014 02:04

 

Powrót do Sezon 5

Kto przegląda forum

Użytkownicy przeglądający ten dział: Brak zidentyfikowanych użytkowników i 1 gość