顔を上げると、エンスウ様が立っていた

Informacje :)

 顔を上げると、エンスウ様が立っていた

Postprzez ycaddlqne » Cz sie 14, 2014 21:35

 高坂を追いかけていたら、あの時好きだと言っていたら。 高坂のことも、あの優しい両親のことも、なんとかなっていたかもしれない。アルマーニ 腕時計
 つばさは立ち上がって、包帯で緩く手首を結んだ。 エンスウ様とつばさを片手ずつ結びつけることで、夜の間に〝はみ出す〟時間を減らすためだ。つばさと触れているうちはおさまるからと、エンスウ様から言い出したことだった。ドルチェ&ガッバーナ 腕時計
 そこまで考えて、つばさは自分の腕につっぷした。 ――あの日。一週間前のあの日から、色々なことが変わってしまった。prada 財布
 エンスウ様のことだってそうだ。 教祖様とやらに勝手に呼び出されて契約を結ばれた挙句、合わない体に閉じ込められているという神さまは、あまつさえ、つばさの〝お願い〟をきいて、高坂を取り戻すために囮になっているのだ。〝はみ出す〟頻度も増えているし、それを抑えるためにエンスウ様が苦しんでいることも知っている。バーバリー 腕時計
 小さなベッドに横になると、基礎体温が低かった高坂とは対照的に、じんわりと熱を持ったエンスウ様の体が背中に触れる。プラダメンズ
 幼いころは、一緒に寝ることに疑問など持たなかった。だがいつからか別々に寝るようになって、今はまたこんなに近くにいる。中身が神さまでなければ、恥ずかしくて心臓が止まっていたかもしれない。明日にはきっと高坂が戻ってきて、きっとまた別の場所で眠ることになるだろう。明日のことはわからないのだから、つばさは、そうだと信じていたい。 そういえば、とつばさはうとうとしていた目を開いた。エンスウ様と一緒のベッドで寝るなんて、もうないことかもしれないと思い至ったのだ。高坂が帰ってくるとして、エンスウ様は明日、どうなるのだろうか。「エンスウ様、起きてる?」「なんだ」 小声で尋ねると、思ったより早く声が返ってきた。まだ眠ってはいなかったようだ。 全員がもっと幸福になることができるような、満足が行く結果が得られるような方法が、どこかにあるはずなのだ。それが今だったと、いつか後悔したくない。miumiu 長財布 matelasse 5m0506 ふと目の前が暗くなった。 顔を上げると、エンスウ様が立っていた。テレビを見ると、味気ないニュースになっている。どうやらお目当てだったドラマが終わったようだった。プラダ アウトレット
 きっと、もっといい解決方法がある。それを見つけるためにも、考えるのをやめてはならない。 つばさは強く拳を握った。prada バッグ
「あ、エンスウ様、寝る?」「寝る。明日が肝心だろう、つばさも休むべきだ」「あ、うん、そうだね」セイコー 腕時計
関連記事:


今回は、最後の最後で私がツイてただけね

ほかにも誰かいたのだろうか

新章です
ycaddlqne
 
Posty: 10
Dołączył(a): Pt sie 01, 2014 01:37

Postprzez » Cz sie 14, 2014 21:35

 

Powrót do Sezon 5

Kto przegląda forum

Użytkownicy przeglądający ten dział: Brak zidentyfikowanych użytkowników i 2 gości